商品アップ随時更新中!!

毎日・毎日の商品アップでございます。汎用性商品を中心に随時更新中です。写真も順に全てアップを目指して奮闘しおります。

当店では、全て作業が捗らないので、お助けショップがサポートしてくれます。国内のアマゾン店なので決算方法も充実していますので、覗いて下さいね。

© Model Tool Eyes 

製作テキスト・1/43 ペンスキー VoL.20

※腕慣らしに、フロント・リアウイングの溶接をします。

オーバルコース仕様のフロントウイングは、ノギスに挟んで液体半田で、バーナーで溶接します。

リアウイングも同様に、半田溶接をします。

ヤニを取り除いて、軽く磨きを掛ければ完了です。次回は少々手間の掛かる、サーキットコースのフロント・リアウイングの溶接をします。プラスチックモデルでは味わえない、実車感ある溶接作業です。お楽しみに!!

製作テキスト・1/43 ペンスキー VoL.19

※No.2エッチングパーツの組合わせを表示します。

①コックピットとメーターパネルの組合わせ。

②サーキット仕様のフロント・ウイングの組合わせ。

③サーキット仕様のリア・ウイングの組合わせ。

④オーバルコース仕様のフロント・ウイングの組合わせ。

⑤オーバルコース仕様のリア・ウイングの組合わせ。

と各パーツが組合わせとなります。ご確認して頂けましたでしょうか? これらを、溶接いたします。では、後日をお楽しみに!!……

製作テキスト・1/43 ペンスキー VoL.18

※引き続き、エッチングパーツの内容を確認してみよう。

エッチングは、上記4点収録されています。手前左の0.4t真鍮製エッチングは、ウイングパーツが収録。隣は、0.1tステンレス製のシートベルトなど小物パーツが収録。上段左は、ディスクローター・ホイールを収録した0.2t洋白製エッチングパーツ。隣は、サスペンションは0.4tステンレス製エッチングパーツです。1/43スケールで豊富なパーツ構成で、組み立ての事を考えた適材材料です。さて、どれから制作しょうかな!? 明日をお楽しみに!!

製作テキスト・1/43 ペンスキー VoL.17

※制作6日は、キャストメタルパーツの仕上げ方法と状態は…

毎日、根気良く仕上げていけば、キャストメタルパーツは、順に仕上がります。1/43スケールは小さいので、仕上がりは結構早いですね。

シートには、シートベルトを装着できるように、ヘッド下とサイドに、切り込みを入れます。ステアリングにはシャフトを増築しました。

小物パーツには、全てジョイント部分に、金属線を埋め込みます。以上の工程で、メタルキャストパーツの下地作りは、完了します。次は、何かな???

商品アップ更新中!!

毎日、国内/国外からご用命して頂、誠にありがとうございます。本日は、更新状態についてお知らせを。。。弊社の商品は、3000アイテム以上あり、商品写真・価格表示など、毎日更新しています。いつ終わる事も無さそうですが、スタップは根気欲アップしています。

当店では、全て作業が捗らないので、お助けショップがサポートしてくれます。国内のアマゾン店なので決算方法も充実していますので、覗いて下さいね。

© Model Tool Eyes 

PROTAR by 1/12 Ferrari F40 TURBO 半完成品キット


PROTAR by 1/12 Ferrari F40 TURBO 半完成品キット

この度、アク・ステオン特別企画で、ご紹介するのがあの「プロター」の1/12 フェラーリF40です。「プロター」とは、かってイタリアで活動していた模型メーカーで、日本で言えばタミヤと言われる程有名なメーカーでしたが、2003年に活動を停止してしまった。その、全盛時代にキット化されたのが、1/12 Ferrari F40 TURBO だ。購入記録は正確に記録されていないが、今から25年前の、メタルエンジン付き、超お宝・プレミアムキットである。キット内容は、半完成状態で出展いたします。所有者は、模型作家であるアクパンチャー・竹中で、この度、このキットを完成させ頂きたく企画・出展となりました。

特典企画として、この名キットを完成して頂ける人には、アク・ステン社がラインナップしている商品の中から、ご希望があれば、ご入用のパーツ・デカール等、製作に必要な商品をご提供いたします。
オーダーメイドの、パーツ・デカール等をご希望であれば、ご相談をお受けいたします。
無事完成したら、製作者のご意見・ご意向を同意できましたら、当ネットショップで世界配信します。

【キットについての、お取り扱い】
既に、メーカーは消失していますので、純正アフターパーツは存在いたしません。お困りの際は、弊社アク・ステオンが、在庫ある商品でご提供いたします。無い物は、オーダーメイドで、ご相談を受けます。キット内容は、イタリア製で日本製とは、大きく異なる精度となり、作り手の力量が問われる構成となっています。ある意味、製作には「決意と覚悟」が必要となります。

【所有者・アクパンチャー・竹中からのメッセージ】
イタリアの老舗だったプロターは、私にとって憧れのメーカーでありました。F40もとても魅力ある車です。当時まだ、製作に携る時間がありましたが、いつの間に、模型業務が多くなり、製作時間が取れ無くなりました。是非、私に代わって、このキットを素晴らしい完成品に仕上げて下い。お願いします。

【購入関してのお問合せ】
当ネットショップで、そのままカートに入れて頂ければ、問題はございません。アフターフォローに関して、詳細を知りたければ、弊社へ直接ご来店も可能です。ここ をクリック!!

※ 以上、模型愛好家の皆さんへ、メッセージをお送りいたします。ご一報お待ちしています。

製作テキスト・1/43 ペンスキー VoL.16

※制作5日は、リア/フロント アップライトの整形制作です。

手前がリア アップライトです。ドライブシャフトが貫通する様に、ドリルピンで開穴します。ダクトは、モーターツールで、ボーリングしておきます。最後は。ペーパー掛けしてポリシングすれば、完了となります。差の他のパーツは、毎日少しずつ仕上げていきましょう。明日も、更新できるかな ?…..。

製作テキスト・1/43 ペンスキー VoL.15

※制作4日は、小物の鋳造パーツを確認してみましょう。

上段から、ドライバー・ヘルメット。中段から、コクピットボード・エンジン部・ロールバー。下段から、フロント/リアアップライト・シャフト・サイドミラー・ステアリングとなります。これらを、手作業でちまちまと、バリ取り→ポリシングを、本日中に進めるのが、課題です。では…続きは。。。

製作テキスト・1/43 ペンスキー VoL.14

※制作3日は、ポリシング加工をしました。(フロントウイング装着)

前日に、引き続き、スポンジペーパーとワイヤーブラシで、ポリシング加工します。相変わらず、手が真っ黒になるので、お風呂に入る前にこの作業を済ませます。作業は、スポンジペーパー400番で、ひたすらキラ子を取り除きます。そして、ワイヤブラシを掛けて、ピカピカにすれば完了です。明日は、どの作業になるのかな、では….