1/12 Lotus 49 ホイール製作

 前回に引き続き、製作実践編のレポートです。製作する為の、CAD/CAMの説明でしたが

モデラー方には、本日は、少し身近なブログとなりました。では、順に追って解説です。

製作・オペレーターは、弊社の代表であるモデラー、アクパンチャー・竹中が担当です。

① Louts 49 外グリ模様。今回は、弊社にとっても最大径の35mmπのアルミ鋼材からの、

削り出しです、制御回転数で・スローアウェイバイト、を匠に操作して削り出しします。

Louts 49 外グリ

② Louts 49 ㊥グリ模様。CNC制御されていますので、複雑なアールも容易に、切削です。

Louts 49 ㊥グリ

③ Louts 49 外グリ・ポリシング模様。今回は、リッチな感じを出したいので、贅沢な仕上げ

ポリシングです。各種研磨剤を使って、丹念に磨きを入れます。

Louts 49 外グリ・ポリシング

④  Louts 49 ㊥グリ・ポリシング模様。内側も同様に、ポリシングです。ピカピカに輝きます。

Louts 49 ㊥グリ・ポリシング

......といった様子で、製作サンプルが進められました。とても地道な作業ですね。脱帽です。

ご興味がある方は、弊社までご見学をお待ちしています。....

 

ご見学はModel Making Acu・Stion Gallery & Collection ・・・ ご来店・ご予約●2014.7.27.日曜日AM10:00~PM5:00プレオープン ご予約をどうぞ!!

 

                                                                                                 ホームページトップへ  

 

このブログ記事について

このページは、acustiondataが2014年12月22日 11:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「CAM設計」です。

次のブログ記事は「1/12 Lotus 49 ホイール完成」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。