【必見】問題点/連載


購読に関しての注意本ブログは、真実検証に基づいて、連載配信されております。長文と資料・リンクと共に詳細に説明されていますので、じっくりとご観覧下さい。ご意見を頂けた方は、下記にて、掲載させて頂きました。

こちらの、タイトルページでは、致命的な問題点を取上げて、ブロガーの皆様と解決していきます。ご意見・ご感想のある方は、タイトルバーのお問合せの文字をクリック!! して下さい。


【第1回目・独裁権威主義された model cars 編集部】

模型愛好者の皆さんは、すでに10/25日売り Hobby JAPAN 12月号を、ご覧になられた事でしょう。模型作家であるアクパンチャー・竹中最新作・メイキング オブ 1/24 BMW2002tii は如何でしたでしょうか? 最新デジタル・トランスセットを組込んだ、今の模型制作の先駆けの作例でしょう。しかし、その一方すでに、あの model cars でも取上げられている事は、まだご記憶にありますね。さて今回の問題点とは、かって表紙/巻頭特集・連載記事を担当していたmodel cars 編集部物言いをさせて頂きますので、下記に記す文章は、読まれる方々には、醜く汚く思われる事でしょうが、かっての model cars 昔の良き媒体に戻ってもらいたい一心で記載させて頂きます。最後まで皆さんに、読んで頂ければ幸いです。

まず始めに、アクパンチャー・竹中と model cars の関係をおさらいしてみましょう。→記事 からお分かりの事でしょう。問題点となった1/24 BMW2002tii は、model cars 編集部の作例が、あの鵜飼誠編集長が2ヶ月+@に渡り、製作記事を投稿している事だ。あまりにも、ひどく醜い作例を掲載!! 既に瀕死の状態の model cars がこのままだと本当にがダメになってしまいます。どんな所がダメなのか解説/写真を交えながら、解説いたします。

鵜飼誠編集長が、1/24 BMW2002tii が作例を2ヶ月に渡り担当した理由は、自身がアシ代わりに使用していた事から始まる。本来なら、いかなる理由であろうが、編集者は編集に携るのが常である。しかし、当人は、自身の思い入れがあれば所属するライターそっちのけで、独占してしまうのが大人気ない。また、企画に関しても、全て鵜飼誠流でライター群を指示するのも編集者として失格である。では、前置きから、問題となった作例を見てみよう。

★model cars 2017-08 No.255 p90~p94 の作例記事

この号は、キットレビューと言うコンセプトで製作記事が掲載。本来の記事としての勤めとして、正確に製作してのレポートだが、何と!! 組立てミスがある。特徴的な斬新デザインである出目である、リアテール部分だ。【写真添付】

見ての通りだ。車では、となるテールライトを左右間違えて取付けている。言い訳解説からは、「作例は、テールランプハウジングの取り付けに誤りがある….」と解説。本人は、テールライトに左右ある認識が無いようだ。もっと確りとインストラクションを熟知して、製作に勤しむべき。常識人であったら、メーカーに敬意を払って直すのは当たり前だが、修正無しで掲載とは…これを見たメーカーは完成品イメージが崩れてガッカリする事は、言う訳でもない。台無しのキットレビーだ!! プロの編集者/製作者??のつもり?! 提供キットメーカーには顔向き出来ない上、読者の方からはお金を払って本誌を買ってもらっている認識ゼロなんですね。ようは、当人自身が楽しめばそれでいいんでしょうが・・・

★model cars 2017-09 No.256 p32~p33 の作例記事

続くは、鵜飼誠流お得意のチューニングカー大全に、投稿。前月号の反省と進歩の無い作例が誌面を飾る!! では、【写真添付】参照

スケールモデルは、外装の見栄えは命だ。【写真添付】から見る限り、塗装の窓枠塗りのミスをはじめ、ボディーを一周するモールも接着不良で浮き上がったり、接着剤が飛び出たりして、醜い仕上がり。本人も「モールの装着にはかなりの集中力を必要とする…」と明記しいるのにこの結果とは。問題は、接着の際、長時間硬化の接着剤をチョイスしている所から、間違っている。アドバイスとして、5分間エポキシ系接着剤を使用して、指で硬化するまで、確りと押さえて置く。はみ出た接着剤は、半硬化状態のうち爪楊枝で、取り除く事で問題解決する。ようするに、製作方法に知識が無く、工作方法が間違っているのである。

改造ポイントについても、掲載。お得意のオーバーフェンダー・鬼キャン・車タンの製作方を【写真添付】不正改造は犯罪←参照

毎月の事だか、鵜飼誠編集長になってから必ず、違法改造車両製作テキストが掲載されている。ここは日本ですよ!! 日本のモデラーは、基本の製作を望みます。なぜ、改造車がダメなのか →記事からお分かりの事でしょう。どうしても継続したいのなら、車検規制の無い米国へ移住する事をお勧めします。また、各種メーカーキットを細切れに分解し、合体組立てして、どこのキットメーカーの完成品か解らなくするのも遺憾だ。キットや完成品に対して、マスターモデルを制作した方々に、敬意や思いやりが無さ過ぎる。

★model cars 2017-11 No.258 p107~p110の作例記事+@

1カ月あけての本誌には、異例の1/24 BMW2002tii が再々掲載となる。この号でも問題点テールライトの左右の取付けが間違っている、再度のミスを犯している。冒頭のキットレビューで誤りを確りと解説していない為、製作者は、鵜飼誠編集長の作例を参考にしたのか 悪影響に犯された作例記事となった。コンセプトは愛用していた車を再現の事だが、資料写真も掲載して何でこんな結果になってしまうのか? 編集部が指摘して直させなかったのか? 無論、全体仕上がりも汚い、再犯の呆れた誌面作りをしている。

以上、問題点を具代的に表示してみたが、ようするにメーカーキットの完成品がまともに製作出来ない。また立ちの悪い事に、自身が幼少期(1970年~1980年代)に憧れた車を、自分なりの表現で改造し、改造方法も日本国内の規制で禁止されている製作方法も掲載。模型製作といっても実車にも実用流用できる方法論である。たかが模型誌であると言われるが、年に1回程度の発行である位は眼を瞑る事は出来ても、こう毎月、違法改造模型を掲載するには社会問題として取上げねばいけない状態である。現に、改造車両によって、引き起こされる事故・取締り等が、メディアが報道している事は、事実だ!! さらに文章表現も暴力的であり、他人の権利に対する意識の低さが表現されている。例えば、作例でディテールアップした部分を「こうイジる」と表現しているのは不適切であり、とても醜く汚い文章表現となっている。毎月号が全てこの乗りで編集構成されている。

—————————————————————————————————-

【基本的な製作の、間違い。まとめ】

テールライトが正しく左右取付け場合出目 ライト

 × テールライトが誤って左右取付け場合奥目 ライト

【参考模型雑誌】ホビージャパン17年12月号p336~p338にて、Check Point! にて、検証作例が掲載。こちらを参照下さい。

—————————————————————————————————-

※裏表紙の●特別定価1,500円 本体1,389円 (税8%) ○時次号発売号まで意味深表示に、今後、苦肉の発売/販売方法には注目だ。なお、主力となる販売店の相次ぐ閉店がとても気になる所だ。

【格言】鵜飼誠編集長へ、あなたは、一番大切にしているのは「思い遣り」と「敬意」と「感謝の気持ち」です。と言っているようですが、履き違いをしている。先代・二代目が築づいた編集長方々の意思とは反して、敬意と感謝の気持ちが無く、ここ編集長になってからの振る舞いは、言葉通りの結果が出るどころか、独裁企画を打ち立て、駄作を連射製作した。かって全盛を誇ったmodel cars から比べると、愛読者の減少に比例して、発行部数の激減! スポンサー離れ! かって活躍していた古参ライター群の離脱! 気に入らないスタッフのリストラ! など超最悪な媒体にしてしまいましたね。それは鵜飼君が「俺は編集長だぞ! 皆従え!!になった驕りがこの結果となってしまったのです。まさに作例はその人を表現するものです。人生経験が乏しく・技術・知識・人間性・社会制度の無い事が証明されています。最後に model cars を長期に渡る愛読者の悲痛ある声をよく読んで、深く反省し、謝罪して編集部を、一刻も早く退く事決意して頂きたい所存である。

愛読者の悲痛→記事

→記事 →記事 →記事 →記事 →記事 →記事 →記事

→記事 →記事 →記事 →記事 →記事 →記事

【メッセージ】愛読者の方へ、長期の model cars の愛読ありがとうございます。また、的確な評価良い参考となりました。今後の model cars が再生する為のアドバイス、編集部にかわって、真摯にお受けいたします。

【お詫びと訂正】No.259  No.260から、巻末でひと言で間違いを表記しているようだが、こちらで配信している誤りを表示して頂きたいです。愛読者の悲痛から、これだけの誤りが確定しているので、こちらも対処して頂きたい。

メッセージお待ちしています。

【最後の願い】本来 model cars とは、模型月刊誌では唯一の模型自動車専門誌と言う使命から、実車に近づいたクオリティーの高い超絶模型作例を掲載しているのが、売り物だったのが…..考証や検証が出来なくなった上に、基本製作さえ出来ない媒体へ….残念無念でならない。初心に戻って、再起を願うばかりだ。。。が、救済が対策されるか?! ここまで、問題点を解析して検証/証明されること書かれ自体が、おのずから未来がみえてくる。

【追伸レポート】2018.1.25.発売号 No.585 Hobby JAPAN p304~p306 記事投稿ライターさんは、常連で model cars で投稿していたが、本誌へ亡命してきたのか、思い入れのある作例が目を引く。このことから、model cars から離脱している事は、浮彫りとなった。

【更新ブログ 2018-4-25】

4月26日480号カーマガジン発売!! フェラーリSF70H 掲載誌!! 即、お手に取られた方は、意外な媒体で、登場とは?? と思う事でしょう。カーマガジンは、モデルカーズの姉妹本で、平たくご説明すると、1978年に創刊され、この頃から模型を取上げていました。そのときのメンバーである平野さんが、自動車専門誌を、ムックとして、創刊して後に、モデルカーズとなりました。2代目の長尾編集長さんが1997年に就任して、直ぐに入稿したのが、本主のアクパンチャー・竹中だったのです。2014年に長尾編集長さんがカーマガジンの移籍(戻った)して、現在に至り。
今回の作例は、本来なら、モデルカーズで投稿と言いたい所ですが、3代目鵜飼編集長は、なんせF-1大嫌いで、ヤン車大好きと言う破天荒なお方、もう皆さんもお知りの事でしょう。….と言った訳で、F-1作例はアクパンチャー・竹中の代名詞なので、この機に投稿となった訳です。思えばあのネットで凄く騒がれたレッドブルRB6 の徹底攻略・超絶作例は弊社とモデルカーズに共に、実りある結果を残しました。

続く…フェラーリSF70Hに関しても、ネット開設史上のアクセス数・ネットショップ満員御礼状態でありました。いかに、モデラーさんにとってF-1は、究極モデルであり、自動車好きであればF-1でしょう!! 無敵のカーモデルです。時が過ぎるのは、無常な情景を生み出すのか、雑誌媒体・販売など21世紀に入ると、変貌してしまいました。いわゆるインターネット時代が、到来したのです。いままで飛ぶように売れていた雑誌が、売れなくなり、休刊や買収される出版社。モデルカーズに関しては、同人誌となり、一般モデラーから投稿させて、その人らに時価販売するスタイルになり、選んだのが、ヤン車だったのです。もう実車忠実に再現するカーモデルは、取扱わない媒体化しちゃいました。反社会現象であっても模型だから、良し!? なのです。いつまで続くのかな!! と言った内容が、模型誌では、起こっています。皆さんはどう考えますか。ともかく一度掲載誌をご覧下さいませ。続く…下記更新!

【更新ブログ 2018-7-14】読者の期待ハズレのSF70H掲載誌

これだけ、話題になったSF70Hですが、なにを思ったのか今頃、モデルカーズ267 p81~p83で掲載とは、拝見して感想を送ります。記事内容は、この最終記事なのに、特に読者を釘付けする内容ではありません。作例掲載時期を誤っています。(誰かに言われて、何でもいいから掲載しておけ。) の感じです。作例を担当した人には可哀想だが、余りにも修正箇所が多すぎるので、(販売は禁句でお願いします。) ココ ←クリック!! で、参考になる画像と解説をアップさせ頂きました。ご参考の程に。

鵜飼君に、再度の警告!! をこれだけ好きな、ヤン車(チューニング・カー) がやれて、自己満足でしょう。もういいでしょう。メディアの使命は、編集者の好みで本を作ってはいけません。その時代そして、受け入れてくれるアイテムが必須です。そして、人選も必須です。鵜飼君あなたは言っていましたね。「正しい事をすると。。。」 結論から言うと、あなたは間違っています。読者は騙せません。

また、何処で機会がありましたら、F-1モデルを贈りたいと思う次第です。では…

【更新ブログ 2018-11-24】正統派?? 改造車チューニングカー…とは何なの? model cars 2019年1月号 Vol.272 掲載/編集便りから

毎月、ご丁寧な献本、誠にありがとうございます。2019-01号も拝見いたしましたので、メッセージをお送り致します。タイトルのよう、世論から打たれて今度は、正統派改造車チューニングカーとは、いつもとは変わらないので、ある意味安心しております。が、編集便りp133の鵜飼君便りを拝見して、訂正をお願申し上げます。「—-歳をとると、自分専門外のことに否定的になる人も少なくないが、私はたくさんの肯定、すなわち、”あれも良い、これも楽しい” スタンスで趣味生活を楽しんでいただきたい、と常日頃から考えている。最近はCカーや1980~1990年代のF1がちょっと気になっていたりもする。」の事ですが、鵜飼君あなたは、弊社へ取材に来たとき言っていましたね。「F1と工作工房は、やらない。他の編集部で行ってやれと。」 啖呵を切って言いましたね。また自分の好きな1980~1990 年代のF1は、過去に沢山の作例記事が出ているので今更は受けません。仮に掲載するのなら、技術的/考証は的確な作例を出さないと世論は黙っていません。完璧に近い製作記事書けるの? またどうして、こんなコメントを書くの、都合がよすぎではないでしょうか。ヤン車に徹したら。それも通用出来なくなったから、言い訳でしょうが。こちらのコメントを読んで下さい。愛読者の悲痛→記事 から、鵜飼君は、ダブルスタンダード?風見鶏?無責任?ですよね。最後ぐらい自分の意思を持って貫いて下さい。よって鵜飼君のコメントは、訂正・却下して下さい。


【ご意見/ご感想】ご投稿頂きました読者さまへ、誠にありがとうございます。追加投稿させて頂きました。

◎2018/07/13 匿名様より投稿

「鵜飼編集長、人の好みは色々でしょうけれど、たまにはF1もよろしくね!」

(ご返事) どんな相手でも、結果論をダイレクトに言う事は痛いですね。マイルドな表現で、好感がもてます。ありがたくご意見頂きました。誠にありがとうございました。


ご投稿コーナーお申し込み
ご投稿がありましたら、下記のアイコンをクリック!!して、送信下さい。(頂けましたご意見は。真摯に受止めて対応させて頂きます。誠実な、ご投稿をお待ちしています。)

【SSLフォームで、秘密厳守!! 個人情報は漏洩いたしません。】

 Model Making Acu・Stion


® モデル メイキング アク・ステオン オフィシャル ブログ 「新着情報速報 !!」と「番外編」