「製作テキスト」カテゴリーアーカイブ

メイキング オブ 1/24 TS050 HYBRID No.76

ライト廻りを、バッチリと制作しましょう。

★タミヤクオリティーの為、相変わらず塗装後は、特にフォグライトのクリアーパーツがはまりません。コツとして、外側のライトを1個切り離して、塗装膜を削り落とせば、正しい位置にはまります。是非、工夫して下さい。ライトは目玉となりますので、綺麗に仕上げる所です。

※最終仕上げにには、あの秘密兵器を装着します。お楽しみに!!

メイキング オブ 1/24 TS050 HYBRID No.75

ディテールアップをしましょう!! 「チタンマフーを取付け」です。

★キットパーツは、シルバーに塗装して終わりです。誰しもチョッと悲し (T T);;; いので、最新技術で、楕円切削加工したチタンマフラー+耐熱板を取付けました。やはり、本物の質感は他の追随を許しませんね!!

メイキング オブ 1/24 TS050 HYBRID No.74

今作例の秘密兵器を商品化いたします。TS050を製作の方なら、「あのヘッドライトを実車どうり点灯させたいね!!」 ご希望の方は、ご予約を願います。(受注生産となります。) 職人技の特定商品です。

ACT-0245 1/24 TS050 HYBRID LED 反射板ボックスセット (複合 タイプ ・22p 完成品)

1/24 TS050 HYBRID LED 反射板ボックスセット (複合 タイプ ・22p 完成品)

3.0V・LEDの光源漏れ完全に遮断する、反射板ボックスセット (複合 タイプ ・22p 完成品)

★実車同様に、LEDが緻密に装着されています。強化電源を使用する事で、眩いばかりの光を放ちます。
☆ご利用の際は、市販の3.0Vリチウム電池で、点灯が可能となります。

【注意】 電源ユニットは、別にてお買求め下さい。

★通常点灯。(3.0V リチウム電池を使用。)

リレーモードを、回路に入れた場合は、パッシングします。

※強化LEDバルブによって、眩いばかりの光を放ちます。※本商品は、フルオーダーメイドとなります。

メイキング オブ 1/24 TS050 HYBRID No.73

最終作業の組立て制作が、始まりました。

★サイドウィンドーは、呆れる位、填りません!! 流石タミヤクオリティーは、塗装膜の厚さを拒みます。

★よく切れるカッターで、窓枠の塗装膜を剥離します。そうすれば見事に、填ります。

★コクピットの内部を覗くと、こんな感じです。接着ポイントは全て、塗装膜を剥離します。この作業が完成するまで繰り返し行います。

メイキング オブ 1/24 TS050 HYBRID No.72

本日は、半田工具の紹介です。最新の半田ステーションでLED溶接しています。半田ごてと制御装置が別途システムとなります。

とっても細~い、小手先です。各種用途に合わせて選べます。

制御コントロールです。250℃~450℃自由に熱調整できます。

★全体の工房の一部の様子は、こんな感じです。いろいろな工具を設置しています。自身の設計で、効率良く・的確に作業が出来、人間工学に基づいた最新鋭の工房です。詳しくは、ココ ← クリック!!

メイキング オブ 1/24 TS050 HYBRID No.70

4ch 制御パネルの基盤がコンパクトに仕上がりました。

【解説】上部からワイヤーレス基盤・3Vリチウム電池は計5個・12Vリチウム電池は計2個・左側にはワイヤーレス基盤の電源スイッチ・各LEDのセレクタースイッチ・右側は、ACアダプターのジャックで構成されています。システムとして、AC電源と蓄電池型どちらでもスイッチングできます。後は、前BLOGで制作した各LEDをTS050に設置して、ICピンケーブルを繋げば、光ギミックが再現される訳です。いよいよ、組み立て作業となり、後半戦に突入します。では、引き続きお楽しみ下さい。

メイキング オブ 1/24 TS050 HYBRID No.69

電装の配線を行う為、ケーブルを新たに練り込みました。

★シャーシーも、塗り分けがあり、面倒な部分ですが、何とか乗り越えましょう。そして課題の電装配線は、ケーブル類が要となります。4chなので、サーボが4つある事から、ABCD と予めケーブルに印を付けて置く事が重要です。まだまだ続くよ・・・

メイキング オブ 1/24 TS050 HYBRID No.68

電力ユニットが、装着され各LEDライトが点灯しました。

★もちろん4chワイヤーレスシステムにも直結していて、ワイヤーレスも可動します。今回は、計27点のLEDを装着予定なので、内装型バッテリーも4個となります。アナログ点灯する場合も想定して、マイクロスイッチも装着、後はACアダプターと接続すれば、TS050の内部に設置されます。