CAM設計

 前回に引き続き、CADソフトで作りたいアイテムを作図いたしました。今回はこのCAD図形を

G-コード変換する為のソフトCAMを配信です。    ↓図形がCAMソフトです。  拡大→表示

CAM図形

画面モードもXYZを縦・横・3Dと選んで、見る事ができます。切削する対象物のシュミレーション

と、加工条件も備わり、各条件を入力すけば、G-コード変換いたします。3Dプリンターをはじめ、

旋盤・フライス・ターニングマシンは、すべてG-コードで、制御され製品製作を行えます。現代の

模型キット作りには、基本中の基本となりますので、是非、ご参考下さい。

さて、次回の続きは....。

 

ご見学はModel Making Acu・Stion Gallery & Collection ・・・ ご来店・ご予約●2014.7.27.日曜日AM10:00~PM5:00プレオープン ご予約をどうぞ!!

 

                                                                                                 ホームページトップへ 

 

このブログ記事について

このページは、acustiondataが2014年12月20日 10:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「CAD設計」です。

次のブログ記事は「1/12 Lotus 49 ホイール製作」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。