® Model Making Acu・Stion のすべての投稿

® Model Making Acu・Stion Production 企業理念 ●「先進の科学工学技術と匠の技で製作された超精密モデルは、模型界のパイオニアとして活躍いたします。」 ●「模型制作と環境をテーマに」、® Model Making Acu・Stion Production は、幅広い分野で商品開発。  皆様のご用命に対して、各商品のラインナップとリリースをしてまいります。

1/24 フォード マスタング GT4 アクパンチャー・竹中 /ワークスCD

ACT-0295 1/24 フォード マスタング GT4 アクパンチャー・竹中 /ワークスCD

 

1/24 フォード マスタング GT4 アクパンチャー・竹中 / ワークスCD

【商品内容解説】

細部に渡り、ディテールアップされ、最新のデジタルギミックを導入したスケールモデルが到来した。スケールモデル作例史上で、最も先行したテクノロジーを導入した、フォード・マスタングGT4。完成された、作品を観ればディテールアップやデジタルギミックを垣間見る事ができるが、

「一体どように、各パーツを組込んでいくのだろうか? 最新のアプリケーションで、どのように操作するのだろうか?」 と、様々な興味を持つことだろう。

本作例が、「どのように企画・完成されたか。また設計図はどうなっているのだろうか?」 を、

300点以上の写真を交えながら、番外編を含めて詳細解説する。

必見! モデラーであれば、究極モデリングにロマンを目指せ!!

Coming Soon…

Produce 1/24 フォード マスタング GT4 作品集公開中!!

Produce 1/24 フォード マスタング GT4 VoL 100 の完成披露です。作品集無料公開中!!です。随時ご確認の上ご観覧下さい。】

作品集は、アイコンをクリック!! して下さい。↓↓↓

 無料公開中!!

 無料公開中!! スマホ版

 ★1/24 フォード マスタングGT4 4ch WiFi LED システム搭載 編

★ 1/24 フォード マスタングGT4 4ch ワイヤーレスコントロールLED システム搭載 編

※ 4ch WiFi & ワイヤーレスコントロール LED システム搭載。

★作品の各写真の解説 (制作期間は、2020年5月23日~2020年9月7日・100日)

①1/24 フォード マスタングGT4 キットパッケージ仕様。
②フロント・リア部の、各インテークメッシュ変更。
③WiFi & デジタルLEDユニットで、ヘッドライト& リアテールの変調点灯可能
④シートベルトは、実車同様に6点式に、専用ハーネストに変更。
⑤WiFi & デジタルLEDユニットで、インテリアを2点点灯+ 精密ワイパーに変更。
⑥足廻りに、金属パーツで、再現されたF/R ディスクローター&サスペンション。
⑦マフラーエンドは、4ストノーク・アルミ製挽き物。
⑧リア・テールライトは、WiFi & デジタルLEDユニット・2リレーで、パッシング等変調点灯。
⑨専用展示台内部には、WiFi & デジタルLEDユニット・デュアルシステムを収納。カーボン仕様。
⑩エッチングにて制作した、展示は各エンブレムを用意。
⑪4ch WiFi & ワイヤーレスコントロール LEDユニットで、3パターンの学習機能付きで、
誰でも簡単に操作出来る4ボタン・ワイヤーレスコントローラーを採用。
(通信可動有効範囲半径10~100M 程。ボタンを1回押す毎にON.OFFの、ジョグモードで設定。)
⑫4ch19ポートの内訳
Ⅰ 1ch9ポート ポジション (全体に点灯) 【注意】
Ⅱ 2ch3ポート ブレーキ系全体
Ⅲ 3ch6ポート ハザード
Ⅳ 4ch1ポート ルームライト

【注意】リフレクター (点灯可能に) ※より模型見栄えする効果
【備考】使用アプリケーション・eWeLink (アイフォン対応)

企画・開発・制作/解説 アクパンチャー・竹中

® Acupuncture Takenaka Works © から無料公開中
ついに ® アクパンチャー・竹中 作品集 © 更新です。

こちらの、アイコンクリック!!して下さい。定期更新!! です。作品は、取り合えず、弊社ギャラリーに殿堂入りです。

★センター入りで、イベント展示の出番を待ってます。早くコロナ禍が収束するといいですね。皆さんに観て操作してもらいたいです。o(▽≦*o))) コントロール

★奥には、FORD GT もライティングしています。両車を並べるとフォード社が、力を入れて製造した車だな。と感じます。

Produce 1/24 フォード マスタング GT4 VoL 100

↑↑↑ Produce 1/24 フォード マスタング GT4 作品集公開中!!

※トップ・即刻クリック!!, 特別配信Blog して下さい。

【作品紹介】1/24 フォード マスタング GT4

実車感あふれる1/24 フォード マスタング GT4を、キットパッケージ仕様の様に、ディテールアップを施し、更に先進のエレクトロ二クス技術で、仕上げた作品である。インテリア・エクステリアは、エッチングパーツと挽き物をフル使用して、細部のディテールは、実車に忠実に仕上がっています。また、作例毎に、進化続ける電装システムには、WiFiによってスマートホン・アプリによって操作ができる最新システムが導入されている。制作日数は、100日間で、毎日制作テキストが更新され、詳細制作の確認が出来るプログラムで完成された。これから、模型を始め方に、ベテランモデラーにも、参考になる資料・写真をアップされています。皆様の模型制作ライフのご参考になれば幸いです。

企画・開発・制作/解説 アクパンチャー・竹中

作品集は、アイコンをクリック!! して下さい。↓↓↓

 無料公開中!!

 無料公開中!! スマホ版

こちらも更新中です。

Produce 1/24 フォード マスタング GT4 VoL 99

長い間ですが、ようやく完成いたしました。では、完成写真Up!! します。Blog バーナーも変更されました。

★最終チエックと、メンテナンスが完了後、撮影→編集となります。詳細解説高画質動画写真集は、Produce 1/24 フォード マスタング GT4 VoL 100 で配信予定でございます。皆様どうぞ最後まで、見届けて下さいね!! では…

Produce 1/24 フォード マスタング GT4 VoL 98

最新型の制御装置が、展示台内部に設置されました。これで、スマホと同様な、電波の拾い方をしてくれます。WiFiにアカウント登録していれば、自動認識接続。登録が無い場合は、通常コントローラーで接続されます。さて、ブラックスボックス内部を見てみましょう….

★最新型の制御装置に、旧式制御装置が共有したデュアルタイプへバージョンアップされました。内訳として、スマホアプリと通常コントローラーで、制御コントロールできます。今作例は、展示する使命があり、何方でもコントロールできなければいけません。特別仕様と思って下さい。システム詳細内容は、後日お知らせ致しますので、お楽しみに下さい。

Produce 1/24 フォード マスタング GT4 VoL 96

制御装置を、アプリと通常コントローラー共有であるデュアルタイプへバージョンアップとなりました。何で???

★…と思う方は、きっとおみえになるはずです。それは、最新型アプリ・コントローラーは、WiFiで、特定のスマホ環境のみでしか操作が出来ないのです。ようするにセキュリティーが強すぎて、誰にも制御出来ないと言う事となります。今作例も、展示する使命があるので、何方でも操作できるように、通常のコントローラーを搭載する事となりました。ようするに、最新型と旧式型の一長一短と知って下さい。引き続き・・制作は続きます。。。

Produce 1/24 フォード マスタング GT4 VoL 95

最後のディテールアップであるアンカーフックを取付けました。これで、車体部門完成となります。

【解説】レーシングカーには、各種ウイングが装着されていますが、大型になればなる程、空力の抵抗を受けます。その際、ウィングの脱落防止の為、アンカーフックを打ってステー(補助線)で、がっちりと固定させます。可動性のあるクランプ構造も有るので、こちらを模型で再現いたしました。詳細は本キットのボックス・パッケージを、ご参照下さい。

★取付け作業には、緻密な仮組みとフィッティング処理を要します。マシンの力強さが強調されるディテールアップです。

★こちらが、今回使用した「1/24 アンカーフック セット」です。パーツ構成は、各仕様にあわせて4種類のアンカーフックが用意されています。実車通りのクランプ構造で、稼働タイプ。とても精密で繊細なパーツ構成が特徴です。作り手には、忍耐・根気・器用さ・目力が、必須条件となります。とてもデリケートなパーツなので、時間を掛けて・気合を入れて組み込んでいます。

ATS-8213 1/24 アンカーフック セット

今作売りである、精悍なフロントマスクUp!! します。

★細部のディテールアップとLEDギミックのコンビネーションで、少しでも実車感溢れるスケールモデルを目指しました。明日からは、展示ケース制御装置の組込みの最終作業となります。では…

Produce 1/24 フォード マスタング GT4 VoL 94

昨日と打って変わって、緩やかな緊張で各パーツを取付けます。

★各パーツを取付ける際は、この様にでコートして下さい。

★タミヤクオリティーは、塗装膜があると嵌め込む事ができません。リアウィングの取付け方法は、下地であるプラスチックを剥き出しして、シンナーで接着します。どのパーツも全てこの方法で接着していきます。

★ディテールアップしたいアンテナは、金属部品に交換します。取付け方法には、臍である金属ピンを打ち込んで、確りと取付けます。もう少しで完成です。。。

Produce 1/24 フォード マスタング GT4 VoL 93

最終工程の、ボディーとシャーシーの合体です。緊張連発です。

★リアバンパーの、接合はこの様に、先に作業します。

★リアのコネクトジャックに、LED11ソケットを全て差込むと、こんな様子となります。長いリード線をいかに綺麗に空間に収納する方法は・・・2mmπのコイルスプリングにすれば、伸び縮みして綺麗に空間に収納できます。但し、結構な力で引っ張られるので、力加減を調整して作業を進めるのがコツとなります。

※まだまだ、一般のモデラーさんでは、未知の世界かも知れませんが、近いうち電装作例にチャレンジする時に、ご参考下さい。