「号外」カテゴリーアーカイブ

速報!! 最新3D プリンター8K No.2

速報!! 最新3D プリンター8K のデリバリーが開始されました。

★日本向け、輸出は、10/26からです。興味のある方は、エルゴ社の、公式サイトをご覧下さい。後程、詳細はお知らせします。

~購入いたしました。ご注文は勿論、公式サイトからです。値引きで445$でした。(レート147円)  納品されるまで、楽しみに待ってます。最新鋭3D プリンター8K が、こんなに安くなるとは、驚きです。弊社に取っては、2代目となりますが、このマシンを使って、何か良い商品開発を練っております。

引き続き、この記事も更新されます。お楽しみに!!

最新バージョンの Cs-cart

日頃、皆様が閲覧しております、® Model Making Acu・Stion Offical Net Shop は、最新バージョンCs-cart バージョンv4.13.2へアップいたしました。更に観やすく、コンタクトも取れるチャット機能も充実いたしました。

★最新システムであるpHp7.4.30.バージョンに設定して、セキュリティーも高くなり、安心してネットショッピングが楽しめます。新製品案内も、随時配信して参りますので、お楽しみ下さい。

ポルシェセンター岐阜 Open!! No.4

ポルシェセンター岐阜の、店内のご紹介をいたします。No.2

★店内からは、お洒落に、修理所がガラス越しに、見る事ができます。

★なんと、作例表紙を飾ったあのカレラGT です。岐阜県在住のオーナーさま、所蔵しているだけでも、恐れいります。

★ここから、修理所にピットインいたします。希望購入予定の最新カーで入りたいもんですね。

中古車展示には、911RS GT2 が展示、これはレーシングカーです。お値段は、4250万円です。いつも凄い価格帯を聞いているので、金銭感覚は、麻痺してしまいます。スーパーカーの世界は、こんな感じですよ。是非、冷やかしでも来店すれば、間違ってオーナーになってしまう。それがポルシェなのです。

※今回の来店では、既にポルシェ社は、EVカーにシフトしており、次世代の車産業に入っております。まだまだ日本の自動車産業は、化石燃料に未練があるのでしょうか? 昭和時代の、国産スポーツカーが、高額販売ですが、もし手を出すと、痛い火傷をいたします。模型業界も、実車を観て乗って、改めた商品開発に、心掛けて頂きたいものです。古い車を出すのは、往年のモデラーには良い事でしょうか。ジりビン間違いありません。もっと若い子が、興味を持ってくれるような、商品開発を熱望します。

ポルシェセンター岐阜 Open!! No.3

ポルシェセンター岐阜の、店内のご紹介をいたします。

★真正面には、庶の憧れである、カイエンが鎮座していおります。

★こちらは、受付です。開店と言う事で、胡蝶蘭が沢山です。

★ショーケースには、センターキャップ等、ポルシェ・ブランドパーツが、展示しています。これだけでも、ファンの心はゲット出来ますね。

★新車納車のセレモニーで、使用するピットです。花束贈呈です。きっと皆さんの感激イチシーンですね。

トイレは、六畳は有り、とても奇麗で良い匂いがします。奇麗なトイレは、そのお店の力量が解ります。

明日も、続きます。。。

ポルシェセンター岐阜 Open!! No.2

10月1日ポルシェセンター岐阜 Open!! 致しました。早速、忙しい合間をみて、即来店と致しました。

ポルシェセンター岐阜 は、尾張・岐阜店と同じ、店付きです。ショールーム・ファクトリー・中古展示所と、合わせ持ったお店です。とても、奇麗な店付きです。

★定番のボクスターには、オプション500万円プラスの車両が展示ですが、ガソリン車の製造は後1年となりました。

718シリーズも、最終バージョンへ、思入れある車体です。

★奥には、新世代のタイカンも展示、もう誰でも知っている、巨漢タイカンです。ダイエットしてくれたら、一目惚れしますよ。

★タイカンには、充電装置標準設定てありますが、外側のケースはオプションとなります。なお、スタンド型もあるそうですが、展示はされておりません。家庭電器200Vで、8時間充電で、約400キロ走行が、可能となりました。

明日へ…続く。。。

ポルシェセンター岐阜 Open!!

何と!! ポルシェファンには、朗報です。「ポルシェセンター岐阜 Open!!」2022.1.~10日まで、オープニング際です。

★なんと、社屋の近所に、10年振りに、ポルシェセンター岐阜が復活しました。今までは、名古屋・東京などへ出向く事しかできませんでしたが、これで、何時でも気軽に、新車を観る事ができるので、嬉しい限りであります。試乗もして、皆さんへこの興奮をお届けしたいと思います。

※スケールモデルを製作するのなら、実車を観て乗ってが良い作品作りになる事は、大切です。

ポルシェ GT4 RS

ポルシェスタジオ銀座には、あのポルシェ GT4 RSが展示されています。ケイマン/ボクスターシリーズで、最強のモデルなのです。

新車では注目株!!ショールームの中央に、展示されているポルシェ GT4 RSは、スピードイエローであります。ボンネット・リアウィング・サイドミラー・インテークなどは、カーボン仕様で、軽量化しています。まさに、ピュアスポーツカーで、公道を走れるレースカーです。

センターロックナットで、大型キャリパーを搭載。オプションには、セラミックディスクローターが追加されます。フロントダクトから、サイドダクトから、冷却インテークとなり、ブレーキングの際にの、加熱対策に貢献しています。

スワンネックリアウィングは、強烈なGを発揮して、ダウンフォースに貢献いたします。日本の車検では、通過しないが、治外法権で、クリアーして公道でも走行が可能となります。

★既に、このモデルには、EV仕様も存在しています。近未来カーの、発表を楽しみにしているモデルです。

★今後のポルシェ・シリーズは、EV化に進化して行きます。

※半導体問題が有る中、一気EV化に加速しているポルシェだが、今、新車を購入するのなら、EV車に限ると言っても過言では無い社会となりました。是非、皆さんも最新のスポーツカーを観て下さい。これからの自動車ライフは、必ず変わりますよ。また、模型業界では、これら、欧州の車を中心に、開発して下さる様に、熱望いたします。