「号外」カテゴリーアーカイブ

スープラとは!? No.6

フロントサスペンションを観てみましょう。フロント:マクファーソンストラット式サスペンション フロントサスペンションはダブルジョイント・ストラット方式。ステアリングのタイロッドと後側ロワアームが重なっているので、少々見づらい絵となっている。手前に見えているボールジョイントはステアリングのタイロッドエンドで、前後ロワアームのボールジョイントはナックルに隠れて見えない。

★こちらは、キットでも再現していますが、挽き物製に交換する予定です。

スープラとは!? No.5

エンジンフレームと排気システムを観て見ましょう。3.0ℓエンジン車のエキゾーストシステム。プリサイレンサーの下流で2本に分かれ、メインサイレンサーには左右から流入する。2.0ℓエンジン車はプリサイレンサーの下流では分岐せず、1本のままサイレンサーに流れ込む。

★排気システムは、キットではエンジンレスなので、誇張して再現しています。

★ほぼキットでは、詳細に再現されています。ようは、塗装を実車の質感を再現するのが、ミソとなります。(裏側だから、展示した時に見えませんが!! ) ちなみに、マフラーエンドは、金属製挽き物に、交換予定です。

スープラとは!? No.4

リア部分を、観察してみましょう。リヤサスペンションは片側5リンクのマルチリンク方式。リヤサスアームは鋼板製で、あえて開断面とすることで剛性をチューニング。捩り方向の変形を許容することで、リンクの軌跡干渉によるフリクション増大を抑えているものと思われる。

キャリパーは、2ブロック1ポットです。車体スペックから、パワーは、340馬力に対しては、聊か余裕はありませんが、この設定が標準となります。オプションでは、セラミック大型ローター&6ポット/4ポット・モノブロックキャリパーは、用意されていません。やはり純国産スポーツカーですね。

 

スープラとは!? No.3

肝心の足廻りは…..RZグレードのフロントブレーキに採用されるブレンボ製ディスクキャリパー。アルミのモノブロック構造で、対向4ピストン方式。シリンダー径はφ40㎜とφ44㎜の異径タンデムだ。ディスクはハブ取付面を別体でつくった組み立て式として軽量化を図っている。

★解説の様な、フロントディスクとキャリパーです。外国スポーツカーから、見ればまだまだ、大型でもよいかと思われますが、パワーから見れば、この辺りでしょうか? 愛車と対比してみましょう。次はリア編です。

スープラとは!? No.2

スープラの骨組み構造を見てみましょう。自動車の事が判る方なら、直ぐに、理解できる図です。(BMWZ4と共通。凝縮感のある緻密なパッケージング)

★メーカー表示では、重心バランスが前後取れているそうです。FRと言うバランスの悪さを、克服するのには、技術がいりますね。

スープラとは!?

スープラとは!? 作例に入る前として、どんな車か、調べてみましょう。

★断面図を添付しました。定番のFRで、エンジン前で、リア駆動です。運動性能を追求したショートホイールベースで、ワイドボディーの為、安定走行が、楽しめます。BMWの協業で作られた、復刻スープラです。

スープラ登場!!

もう、会場でご覧になった新商品のスープラ登場!! します。

★会場入りする前の、素組みの素組みの資料写真を観てみます。そして、メーカーからは、10月に公式カタログが配信されました。実車を購入予約された方には、もう楽しみのアイテムですね。お楽しみに!!

メイキング オブ 1/24 TS050 HYBRID No.100

第59回 全日本模型ホビーショー 2019 から、12日間の展示旅行から、作品が、かの田宮会長/社長さまの、サインを頂いて帰還いたしました。記念にアップいたします。

★今回の、頂いたサインは、大きく力強いサインです。田宮会長/社長さまの、模型にたいする情熱は、計り無しれない大きな存在です。

★第59回 全日本模型ホビーショー 2019 も初出展でしたが、多くの方から、絶賛のお声と評価を頂きまして、ありがとうございました。次回も、ご期待下さいませ。

メイキング オブ 1/24 TS050 HYBRID No.98 只今出展中!!

無事終了いたしました。ご来店の際は、誠にありがとうございました。

本日から、一般公開日となました。前日、タミヤブースに展示いたしましたので、その様子を配信いたします。(29日は、最終日です。)

★真新しい、新館でのタミヤブースの全容風景です。新作のコーナーでは、秋の発売に合わせて、新製品が目白押しです。

★かの田宮会長/社長さまをバックに、アクパンチャー・竹中の新作が、展示されています。今回は、特別コーナーとは、感無量でございます。

★近づいて、観ましょう。今回は、自社撮影のプレートも用意しました。

★更に、拡大してライトアップ。最新のシステム4chワイヤーレス・システムで、光ギミックが楽しめます。また、細部のディテールアップも見応えありますよ。。

★展示場所は、タミヤブースのちょうど真中であるに展示していますので、直ぐに発見できます。4chワイヤーレス・システムを操作したいギャラリーのお方は、隣のカスタマンサービスにお申し込み下さい。

9/27 は、業者日でトヨタ自動車の関係者の皆様も完成度の高さに驚き絶賛しておりました。 106日も掛けて、制作した作例が、好評価で何よりです。

…. と言った様子ですので、是非、タミヤブースへ足を運んで下さい。皆様を、お待ちしています。

1/24 TS050 HYBRID 情報ブログは、ココ商品案内は、ココ  ※写真集は、instagram 1/24 TS050 HYBRID