「製作テキスト」カテゴリーアーカイブ

MAKING OF スープラ !! NO.48

インテリア部編・仕上がったLEDを、各パーツに取付けてみました。

★この様に、メーターパネルとナビゲーションパネルに、LED内臓の反射板ボックスを取付けます。

★表は、ご覧の通り、塩ビ板にデカールを貼り、光が透過する様に仕上げます。

★電流を流すと、メーターパネルとナビゲーションパネルに、光が透過で、文字を浮き上がってきます。上下の写真を見比べて下さいね。エンブレム等、小物パーツは最終仕上げで装飾されます。まだまだ、制作は続きます。。。

 

MAKING OF スープラ !! NO.47

8ch ワイヤーレスシステムから、「ハイブリット・スケールモデルの進撃」となりましたが、制作方法が、最新で凄すぎるので、合間をみて通常制作テキストを配信して参ります。あの黒色ピラーはどうなりましたか?

★いつの間にか、黒色ピラーになっています。\(^O^)/

★拡大すると、境界線も確りしていて、ピラーとルーフの段差もありません。基本中の基本ですか、確りと処理して下さい。方法は塗装もしくは黒デカール貼りで、いずれの方法を取っておいた方が、ピラーとルーフの段差を、無くす事が出来ます。お試し下さい。

MAKING OF スープラ !! NO.46

3連LEDを、反射板ボックスに取付けてみました。

★3連LEDを、横2列で配置すれば、ハイビームロービームが再現出来ます。また、サイドのフォグライトも用意しました。

★リアテールライトは、ポジション・ブレーキ・ウインカー/ハザードICリレーで、光ギミックを再現いたします。接合部のICピンも取付けられました。

★全部のLEDを並べてみました。手前から順に….

①6連LEDヘッドライト
②フォグライト
③メーターパネル
④ナビゲーションパネル
⑤ルームライト
⑥リアテールライト
⑦リフレクター (点灯可能に)
⑧バックフォグライト

と、取りあえず車検/考証もありますが、クリアーパーツで点灯させる事のできる部分は、全てLEDギミックを仕込んで参ります。もはや、今までのスライドスイッチでは、不可能なので、これらの数多くのLEDを操作するには、8ch が必要となるのは必然当然でもあります。

MAKING OF スープラ !! NO.45

またまた…..「人類最小の半田付け」が、再来です。この所、制作ブログが開始されれば、お問合せが増えて参ります。やはり、「ハイブリット・スケールモデルの進撃」は、世界のモデラーさんからも、興味深々で、やってみたい感でガン視状態です。

★スープラの、片目ヘッドライトは、6連ヘッドとフォグランプが付いた、計7点LEDで、制作します。取りあえず、3連LEDを…「人類最小の半田付け」の力で、半田付けしてみました。※簡単だよ (@^▽^@) 

★電気を流せば、ホラ!! 問題無く点灯しましたよ。TS050の4連LEDからみれば、簡単でした。けど最新技術は、やる方もみる方も、一度観てしまうと、次回から「こんな、もんだ。」と思ってしまいます。世論の模型情報発信や、当ブログやネットショップなど、リアルタイムに情報発信していますので、紙媒体はよほどの作例記事を掲載しないと、本は売れません。専属のライターさんや、編集局員も、見直しが必要です当ブログが参考になれば、幸いですね。

※3連LEDを…「人類最小の半田付け」で、4セット制作できれば、反射ボックスに、設置いたします。これが無ければ、夢のハイビームロービームが再現できません。明日もお楽しみに….

Making of スープラ !! No.44 限定パーツ

続くは・・・③リア・テールライト各LED取付けです。前工程で制作した、リアテールライトの台座をカンテラで、透過テストをして光が旨く透過すれば、完了となります。取りあえず合格でした。限定パーツご案内(少数限定数のみ)

ACT-0269 1/24 GR スープラ LED テールライトクリアー

2液性エポキシ系レジンで、型取りしたクリアーパーツは、硬化時間がとても、掛かりますが透明度・耐黄色変色にたいしては、合格ラインでありますが….ご覧の通り黒色で塗装すると、柔らかくなってしまい、乾燥すれば、また硬化します。ビギナーさんにとって、取り扱いが難しい素材ですが、ここは、見て経験を積んでご参考にして下さい。

ヒント!! 2液性エポキシ系レジン出来なければ、商品を買うか・型抜き業者に依頼するのも、選択方法であります。

….では、リアテールライトの反射板ボックスを組み立ててみました。

3連LEDチップを搭載していますので、ICリレーで点滅発信を変調すれば、ポジション・ブレーキ・ウインカー/ハザードと言う、実車に近づいた光ギミックが再現されます。その光ギミックには、8chワイヤーレス・コントローラーが、制御しますので、後日、こちらの制作ブログを期待して下さい。

Making of スープラ !! No.43

続くは・・・②リア・バンパー各LED取付けです。

★リア・バンパーには、リフレクター (点灯可能に) とバッグフォグが、装着されています。各反射板ボックスに、LEDチップを取付けます。必須作業絶縁処理をすれば、テスト点灯では合格です。

★仮取付けをしてみました。各反射板ボックスは、正確にサイズ計測されていますので、簡単に取付ける事が出来ました。後は、この手順で、各反射板ボックスに、LEDチップを取付けて行き、接続IC端子を半田付けすれば、完了となります。明日も、同様な作業を続けます。。。

Making of スープラ !! No.42

いよいよ、本領発揮です。最後まで旨く、完成できましたら、ご喝采下さい。本日は、①ルームライトのLEDの取付けです。

★この様に、反射板ボックスにLEDを入れて、ルームライト内に入れ込みます。(※この作業には、反射板ボックスセット必須です。)

★表側から、開口して塩ビ板をホワイトクリアーで塗装して、嵌め込んで、仕上げます。

★点灯してみました、ルームミラーにも反射しています。まずまずの仕上がり状態で、いい雰囲気です。この調子で、実車どうりにLEDを埋め込んで参ります。

テクノロジーは常に進化する。↓これが無ければ完結できない。最新パーツ Model Making Acu・Stion 社のLEDユニット!!

ACT-0266 1/24 GR スープラ LED 反射板ボックスセット

Making of スープラ !! No.41

先進のハイテク・8chデジタルLEDシステムと、平行にボディーの制作を進めます。(冬場は乾燥がし辛いので、効率良く進めます。)

★数十回の、エアーブラシで塗装膜が安定したら、各ガラスパーツを嵌めて、確りとモールに組合せが出来るか? 予備剥離します。この段階で行った方が、ウレタンクリアーを完了してから、亀裂失敗しても、修正が出来るのです。綺麗に組立てるには、ご参考して下さい。

Making of スープラ !! No.40 何と!! 8ch

先進のハイテク・8chデジタルLEDシステムの、モジュールを用意しました。

★観る方が視れば、何と!!今回用意したワイヤーレス・コントローラは、8ch です。スライドスイッチ→ 1ch → 4ch とこれば、進化しなければ、今の模型業界のパイオニアではありません。そして何と!! ボイスシステムも投入して、エンジン音も再生します。なお、今回使用するボイスシステモジュール (小さいモジュールの方) は、8分間の音声登録が出来るマイコンを搭載し、自身のPCで音声プログラムを制作して、マイコンにダウンロードしました。こちらはすでに、プログラムが完成していて、後日、詳細説明とさせて頂きます。

※もう、ここまで来た時代になりました。実車に更に近づいたシステムで、新たなスケールモデルである、「ハイブリット・スケールモデルの進撃」となりました。

※※本日から、先進のハイテク・8chデジタルLEDシステムの、最終章の制作ブログに入ります。皆様の熱いご観覧お待ちしています。

Making of スープラ !! No.39

シャーシーとインテリアの部分を合体してアップです。

★後は、ボディーを被せれば完成となりますが、ラジエターパネルを追加してもこんな状態です。フロント・ラゲッチルームはスカスカ状態で、これを観てしまうと、何だか寂しいですね。(;_;)

※近年のキットは、小学生の方にもプラモデルを製作してもらいたい為、簡単な構造で手軽に製作できるコンセプトとなっています。しかし、一般的には、組合せの時には、塗装膜を剥離しないと、完成度が損ないますので、知らない方にはとって難しいかも? 知れませんね。プロモデラーから見れば、どうしても「しょぼい」としか見えませんが、ここから、アレンジすれば、凄い作品に転身しますよ。観ててね!

★後ろも、こんな状態です。足廻りマフラーには、お約束のディテールアップをしています。※シートベルトも追加予定です。

★リア・ラゲッチルームの下も、スカスカ大空間です。ここに、電装主装置を設置して、スープラを見た目には普通ですが、凄いシステムを搭載して参ります。引き続き、ご観覧下さい。

【備考】電装主装置とは….. LEDチップ・発信ダイオード・ICソケット等の、装置を意味します。これらを操作する制御装置は、外部である展示台に設置されます。