メイキング オブ 1/24 TS050 HYBRID No.39

ボティー塗装の修正中に、LEDを各部分に取付けます。

★テールライトに、ワンポイントの電装ギミックを取付けます。

★レッドLEDです。低電圧なので定電流ダイオード(18mA)を取付けて、テスト発光してみます。OK!! でした。

★こんな、状態でワイヤーリードを出します。一件簡単そうに見えますが、ピンバイスで貫通路を作るの、少々テクニックがいりますよ!! よかったら、ご参考に下さいませ。

【必見】問題点/連載 更新!!

メイキング オブ 1/24 TS050 HYBRID No.38

黒色をエアーブラシが終了したら、マスキングを剥離します。お約束のカッターでマスキングテープに沿って切り込みを入れてから剥離するのですが…

★必ず、境界線ギザギザになります。修正はに人間力である眼力が必須となります。最も大事な工程です。皆さんは旨く出来ましたか?

※明日は、修正を徹底的に行います。これが無いと困るょ!!

….が、活躍します。繰り返しになりますが、読んでね!!

メイキング オブ 1/24 TS050 HYBRID NO.21

メイキング オブ 1/24 TS050 HYBRID No.37

いよいよ、黒色のエアーブラシになりますが…その前に、念の為シャインレッドをシャークフィンに、エアーブラシします。

★テストコピーデカールの版下を貼ると、シャークフィンの先端部分の白色が剥き出しとなる為、デカールが貼り切れない無い場合を想定して、予め、シャインレッドをエアーブラシします。

★セミグロブラックを裏側から、先にエアーブラシします。

★乾燥したら、ボディーにエアーブラシします。マスキングは塗装膜がフラットになったら、剥離します。明日は、白/黒の境界線の修正となります。

メイキング オブ 1/24 TS050 HYBRID No.34

まだまだ…続く、正念場どこをどうするマスキング編です。

★キット内のマスキングシートに+@ の為、マスキングカットを用いて、マスキングリボンを製作して、更に白/黒の境界線をマスキングします。エアーブラシするまで、念密にこの作業を行い完了したら、マスキングゾルで、白色を完全にマスキングします。まだ明日に続くよ…根気!!

メイキング オブ 1/24 TS050 HYBRID No.33

ベースホワイトが、乾燥したら、マスキングシートでマスキングします。白/黒で、赤はデカールで仕上げるので、タミヤの完成品とインストラクションを睨めっこして、マスキングをします。

★近年の車は、複雑な形状となり、キットも同様に複雑になってきます。既に、完成されている模型と実車写真とインストラクションを参考にマスキングして行く、工程ですが….フォードGTの作例発表してみて、廻りのモデラーさん達が、完璧に完成できなかった…ので、TS050も、まともに完成できないデラーさんが、続出するのも間違い無いと思う次第です。

メイキング オブ 1/24 TS050 HYBRID No.31

LED制作の続きです。こんな風に、極細ポリウレタン撚り線をスプリング状態にします。(※LED市販の物は、買わず自身で制作します。)

★注意点として、反射板ボックスは、金属なので絶縁処理瞬間接着剤で行う事が重要です。後はICプラグにハンダ付けするのですが、在庫が無くなったので、仕入れするまで足踏みです。明日は…

メイキング オブ 1/24 TS050 HYBRID No.30

LEDシステムを制作しましょう。感の良い方はご紹介する、最新アイテムをお買求めされています。ので取付け方の配信となります。

★一枚の写真で、すべて判れば貴方は、LEDシステムが制作できます。ですが少々解説をいたします。向かって左側から、反射板ボックスにLEDを装着。真中は、これから組立てる反射板ボックスにLED。右側は、ICピンです。お約束として+は赤色で印を付けましょう。↓参考書

ACT-0237 1/24 TS050 HYBRID LED 反射板ボックスセット

※LEDの光源漏れ完全に遮断する、反射板ボックスセットであります。弊社もそうですが、近年のキットはプロポーションモデルが主力で、空いた空間を使って、LEDを投入した作品が定番つつあります。しかし、折角LEDを入れたのは良いのですが、「光源漏れ」があります。この問題を解決してくれるセットです。今作例では投入いたしますので、皆さんもご利用して頂ければ、嬉しいです。ヽ(^‐^)/〃では、動画も配信です。。。

® モデル メイキング アク・ステオン オフィシャル ブログ 「新着情報速報 !!」と「番外編」